ブースターが必要な場合とは

地デジアンテナに利用するブースターというのは、微弱となっている電波を増幅する装置で、テレビがしっかり視聴できるところまで補強してくれるという装置です。いくつかの種類があり、土地、環境など、受信状況に応じて利用するタイプが違ってきますので、利用する環境、状況に合わせてブースターを選ぶことが必要となります。

どのようなときにブースターが必要になるのか、例えば、特定のチャンネルだけ受信レベルが低くそのチャンネルだけ視聴する事が出来ないという場合、また画面がとぎれとぎれになるような状態、ノイズが入っているような状態の際、利用すると効果を発揮します。

このような状態になっているという事は、受信電波が何らかの原因で弱くなっているという事を表しているので、ブースターを利用する事で受信電波を増幅すれば、正常な視聴が可能となるのです。

地デジアンテナの方向が悪いという場合も、こうした視聴できない状態になる事があるので、まず、アンテナの向きを見てみるという事も必要です。もしも、今まできれいに見ることが出来たのに、途中から見にくくなったという場合、電波を置くっている施設と現在お住まいの住居の間に、高いビルなどが建設されたことが考えられます。こうした場合も、地デジアンテナのブースターを付けることで改善されることが多いです。