どこに設置すればいいのか

地デジテレビの受信状態をよくするために取り付けるブースターです。基本的に地デジアンテナに一番近い場所に設置するべきです。テレビを複数設置するため分配器を利用するという時も、一旦ブースターで電波を増幅して、それから分配器で電波を分ければ、正常にテレビを見ることができるようになります。

分配器、ケーブルよりもブースターをより地デジアンテナの近くに設置する事がよりよい視聴状態を作るので、卓上型のブースターなどの室内でも設置できるものより、屋外の地デジアンテナのそばに設置できるブースターの方がより効果的です。

屋外対応よりも室内の方が設置も楽なので、室内用のブースターを購入される方も多いのですが、安定的な受信状況を作るためには、屋外で利用可能なブースターの方が安心です。

またポイントとして、受信電波が強くなりすぎるとテレビを視聴できなくなることもあるという事を理解しておくべきです。ブースターは、微弱電波を増幅し、テレビを見ることができる状態にしてくれるものですが、電波状況が何らかの理由で改善されたという場合、逆に邪魔になってしまう事もあります。最近はブースターの中にも、電波の状況に対応し、自動調整してくれるものも登場しているので、こうした商品を購入し設置してもいいでしょう。